広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広告

Nexus 9買おうと思ってたけど


1年半使用したNexus 10を売却して、一度はNexus 9の購入ボタンを押そうとした筆者の前に、もうひとつの選択肢が出てきてしまいました。

そもそも筆者がNexusシリーズを選んできた理由はそのコスパであって、コスパにおいてNexus以上のものがなければ選択肢にすら挙がらないわけです。

もちろん「OSアップデートが早い」というNexusの大きなアドバンテージもあるのですが、Androidの完成度も来るところまで来ている昨今、もはやこれは決定打にはなりません。

そしてNexus 9は正直、若干コスパが悪い。円安の中、399ドルを3万9900円(税抜き)で出してきた努力は買いたいですが、メモリが2GB、Qi非対応、ハードウェア面での特徴はチップのみ、というのがズシリときます。

そんな中で強力なライバルになるのが、ソニーのXperia Z3 Tablet Compactです。



今まで全然選択肢に入っていなかったのですが、税込価格がNexus 9と数千円しか違わないということで一躍最有力候補に。

同じことを考えている方は多いようで、ネット上には両機の比較記事も結構ありますね。一応以下にざっと書いてみます(わかりやすいよう、Z3 TCが勝っている項目は赤、Nexus 9が買っている項目は青で書きます)。

CPU

比較にならないぐらいNexus 9の圧勝。

メモリ(RAM)

Z3 TCはたっぷり3GB。Nexus 9の2GBではちょっと不安です。

ストレージ容量

どちらも16GBモデルからですが、SDカード対応のZ3 TCに分があります。

カメラ

画素数では同じようなものですが、なんとなくソニーのほうが(ソニー製でしょうから)安心感はあります。Nexus 9のカメラモジュールはどこ製なんでしょうね。

画面

どちらもIPS液晶。ppi(きめ細かさ)は互角なので、単純に画面が大きいNexus 9のほうが上です。

サイズ、重量

Z3 TCは流行りに合わせて薄くて軽いのがウリ。一方Nexus 9の重量は一昔前の水準です。

バッテリー

バッテリーサイズはNexus 9の勝利ですが、スペック表上の稼働時間はZ3 TCのほうが長いようです。まあ、画面が大きくてCPUが強力なほうが不利ですからね。

ソフトウェア

XperiaにはXperiaのよさもあるかもしれませんが、やはり最新かつ純正のOSを使用できるNexusに分があると思います。Nexusは1年8ヶ月以上の最速アップデートが約束されていますので、少なくとも2年は戦えますよ。

防水

Xperia Zシリーズですから、Z3 TCは防水にも対応。お風呂でも使えるそうです。タブレットをいつでも手放せない人にとっては大きなアドバンテージになりますね。

アスペクト比

16:10のZ3 TCは動画視聴向け。4:3のNexus 9は電子書籍向け。

音質

Nexus 9を製造するHTCも音質にはこだわるメーカーなのですが、さすがにZ3 TCのハイレゾ再生には敵わないじゃないかと思います。

PS4のリモートプレイ

なんと、Z3 TCはPlayStation 4のリモートプレイに対応しているようです。何が可能になるのかよくわかりませんが…。


以上ですかね。項目数で見ればZ3 TCのほうが上ですが、あとは用途によって優先すべき項目を拾っていく必要があります。

筆者の場合、家でスマホとパソコンの代わりに使うことが多いので、正直画面サイズが大きければ重量は気にしていません。風呂では使わないので防水も不要。タブレットに高音質は求めていませんし、SDカードも不要。プレステ持ってない。

でも動画再生はそこそこするのでアスペクト比は16:10が望ましい。カメラがソニー製なのもうれしいし、何よりメモリが2GBなのは心許ない。

というわけでXperia Z3 Tablet Compactに気持ちが傾きつつあります。

でもAndroid 5.0 Lollipopの評価がすごく高いみたいですし、いつアップデートが来るかわからないXperiaよりもNexusのほうがいいかなとも思ったり。

まだしばらく決められないと思います。


広告

comment

Secret

プロフィール

パンチだらけ

Author:パンチだらけ
ホームページ:格ゲー.com
ゲームの話はほとんど書きません。1日1回更新を目指してました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。