広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広告

【悲報】桑田佳祐さん、謝罪

サザンオールスターズの桑田佳祐さんが自身のラジオ番組で、NHK紅白歌合戦での演出を釈明・謝罪しました。

要旨としては…

・出演時のチョビ髭

コントで使われる定番アイテムのつもりだったが、カトちゃんやチャップリンのネタは仕込んでいなかった。ヒトラーと結びつける人がいることに驚いた。

・紫綬褒章を尻のポケットから出した

普段は手袋をして触るような扱いをしていたのだが、事前の段取りを間違えて取り出してしまい、あわててポケットに入れてしまった。

・紫綬褒章のオークションネタ

ジョークのつもりだった。

・『ピースとハイライト』の歌詞について

政権批判と解釈されたことに驚いた。むしろそれこそが「都合のいい解釈」だと思う。

という感じ。

筆者はあのパフォーマンスに関して、照れながらもファンへの感謝を述べる「いつもの桑田佳祐」だと感じました。チョビ髭は『マンピーのG☆スポット』で使っているものですし、それ自体が何らかの意図があるものとは思えません。

しかし『ピースとハイライト』を演奏したのはまずかった、というか外交問題を扱った曲をわざわざ演奏して「政権批判の意図はなかった」という言い訳は通用しないと思います。そうなるとチョビ髭にも意図があるのではと勘繰られても仕方ないでしょう。

が、この人ももう「おじいちゃん」な歳になりつつあります。若者の考え方についてきていないでしょうし、ましてネット上の世論なんて把握していないのでしょうから、ネトウヨの過敏反応は想定していなかったかもしれませんね。

そんなわけで筆者は、パフォーマンスについて謝罪の必要はないと思うと同時に、せっかく謝罪の機会を作ったのに『ピースとハイライト』については謝罪どころかまともな釈明すらせず反論してしまったのは少しがっかりしました。

『ピースとハイライト』に関して世間の誤解があるならちゃんと説明しないと、いつまでも在日扱いされちゃうと思うんですよね。

ピースとハイライトって本当に反日?
広告

comment

Secret

プロフィール

パンチだらけ

Author:パンチだらけ
ホームページ:格ゲー.com
ゲームの話はほとんど書きません。1日1回更新を目指してました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。