広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広告

ついに来た!ガラケー終焉の時!

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishikawatsutsumu/20150513-00045654/

ドコモがフィーチャーフォン(ガラケー)の料金プランで利用できる「ガラホ」を発表しました。

「ガラホ」は、テンキー操作などガラケーの形状、操作性を持ったAndroid端末です。ガラケーの使い勝手はそのままに、PC向けのサイトを閲覧したり、Android向けのアプリ(例えばLINEなど)を利用することができます。

ガラケーにできてガラホにできないことといえば、従来のiモードサイトを閲覧できなくなること。また、iアプリも利用できないかと思われます。でもこれらには前述の代替機能があるので、正直なくなってもそんなに困らないかと思われます。

それに、iモードの廃止は筆者のような者にも大きなメリットになります。

筆者に限らず、古いモバイル対応サイトの保守をしているエンジニアにとって、iモード(EzWeb/Yahoo!ケータイを含む。以下合わせてiモードと表記)の存在は今となっては足枷でしかないですから。

今は素晴らしい技術がたくさん出ていて、しかも簡単に利用できるように整備されてきているので、ウェブサイトの開発がすごく楽になりました。

しかもTV/PC/タブレット/スマホ/ゲーム機などアクセス元の端末に応じてページを最適化する「レスポンシブデザイン」も簡単に適用できるようになってきています。

でも、iモードはウェブ標準に準拠していないので、このようなモダンな機能は一切使えません。

なのにiモードユーザーがPV単位で1割ぐらい残っているのです(iモードユーザーの方が悪いといっているわけじゃないですよ)。

そのためiモード対応サイトは、モダンなサイトに作り変えようとしたときにiモードが足枷となり、思い切った変更をかけられないことが多々あります。

この世からiモードがなくなれば、残った邪魔者はIEだけです。

ソフトバンクがガラホを発売してくれれば、その後数年でこの呪縛から開放されます。待ってますよ、ソフトバンクさん。
広告

comment

Secret

プロフィール

パンチだらけ

Author:パンチだらけ
ホームページ:格ゲー.com
ゲームの話はほとんど書きません。1日1回更新を目指してました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。