広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広告

iPod touchが帰ってきたよ!

いつもより1年長い、3年ぶりのiPod touch。変わらないiPod touchが帰ってきました。

第6世代iPod touch(iPod touch 6G)が、噂より1日遅れで発表されたのです。

ipod-touch-6g.png

筆者も第2世代から3台、7年間愛用しているそこそこのヘビーユーザーですが、iPhoneではなくあえてiPod touchを使っている皆さんと、その動機は大体共通しているんじゃないかと思っています。

筆者がiPod touchに求めているのは、「iPhoneとほぼ同じことができる」こと、そして「コスパ」。この2点です。

1点目「iPhoneとほぼ同じことができる」のは、iPod touchにiPhoneと同じ「iOS」の最新版がインストールされていることに加え、概ねのスペックが前年のiPhoneと同じだから実現できます。

今回のiPod touch 6Gも、プロセッサーがiPhone 6と同等のA8/M8。64ビットのハイパワーを活かすために、RAM容量もきっとiPhone 6と同等なのではと予想します。カメラ画素数もiPhone 6と同等の800万です(f値はちょっと大きいようですが)。

画面サイズがiPhone 5シリーズと同等の4インチであること以外、基本スペックはiPhone 6と同等ですので、今回も「iPhoneとほぼ同じことができる」と思われます。(画面が小さいのは、処理性能的にはむしろ有利)

2点目の「コスパ」ですが、iPod touch 6Gの価格は、最も廉価な16GBで24800円、大容量の128GBでも48800円。この円安なのに、です(1ドル124円程度)。iPhoneと比較しても半額以下で買えるのです。

米国価格が199ドル~ですから、ほぼそのままの価格となっています。円高真っ只中だった2012年発売の5Gは、一番廉価なモデルが23800円だったと記憶しているのですが、今回と比較すると1000円しか違っていません(ただし、5Gは当時最低でも32GBでしたので、実質的には結構な差がありますが)。

しかしこのコスパを実現するために捨てたものもあります。iPhoneとの目立つ違いとしてTouchID(指紋認証)があります。でも、たぶんこのセンサーを乗っけると1万円ぐらい価格差が出てしまう※ので、そう考えればコスパ優先のユーザーにとってはむしろうれしい判断ですよね。

※iPhone 5sの指紋センサーは7ドルといわれていますが、この指紋センサーの有無以外にほとんど違いのないiPad mini 2とiPad mini 3が1万円の価格差であることからの予想。まあ、TouchIDを実現するためのコストはセンサーだけではありませんから…としておきましょう。

というわけで、我らの求めていた「いつものiPod touch」が帰ってきました。

筆者はもちろんすぐに買いに行きますよ。ポイントがほしいので、量販店に出たらですけど。
広告

comment

Secret

プロフィール

パンチだらけ

Author:パンチだらけ
ホームページ:格ゲー.com
ゲームの話はほとんど書きません。1日1回更新を目指してました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。