広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS版Google Keepが遂に登場

ちょっとしたメモを取るとき、最強の選択肢となりえる「Google Keep」。色つきの付箋を壁に貼り付けるイメージで、メモを管理するアプリです。メモは単に必要なことだけを書くこともできますし、タイトルをつけたり、リスト+チェック形式で忘れ物確認シートのようなものを作ったり、画像を添付することもできます。

メモが大量に溜まってしまっても、テキストでの検索や、メモにラベルを設定して、ラベルでの絞り込みにも対応しています。メモの重要度や優先度、内容別などユーザーの好みで色分けできるのも面白い点ですね。

ところがこのアプリ、当初はウェブ(ブラウザー)とAndroidだけに対応していて、その後、Chromeの拡張機能がリリースされていました。しかし、自社のアプリを早めにiOSに対応させてきたグーグルには珍しく、なぜかiOS版が長らくリリースされなかったのです。

Google Keepの最大の強みは、非常に手軽に使えることに加えて、データが常にクラウド上で管理され、マルチプラットフォームで使えることにあります。スマートフォンの故障でデータが消える心配はなく、機種変更の際も何もする必要がありません。パソコン(Chrome/その他ブラウザー)で変更したメモは即座にスマートフォン(Android)に反映されますし、ブラウザーさえあればどんな環境でも編集・閲覧可能なのです。

なのに、今までiOSではSafariなどのブラウザーからアクセスするしか方法がなく、しかもこれが非常に重たくて(パソコン向けのアプリなので当然ですね)ストレスの原因になっていました。

しかし、ようやくGoogle KeepがiOS(iPhone/iPad/iPod touch)に対応したのです。もちろん、筆者は即座にインストールして使ってみました。

Android版と違ってウィジェットには対応しておらず、まだ未完成と感じる部分もありますが、使い勝手は良好です。ほぼAndroid版のクローンです。

ただ、iOS側の制約で、Androidのように他のアプリから「共有」できないのがやはり致命的ですね。例えばSmartNewsの記事を後で読もうと思ったら、記事長押し→URLコピー→Keepに切り替え→URLペースト、としなきゃいけないので、非常に面倒。これはグーグルにはどうしようもない問題なので、アップルの方針転換を待つしかありません。

iPod touchが帰ってきたよ!

いつもより1年長い、3年ぶりのiPod touch。変わらないiPod touchが帰ってきました。

第6世代iPod touch(iPod touch 6G)が、噂より1日遅れで発表されたのです。

ipod-touch-6g.png

筆者も第2世代から3台、7年間愛用しているそこそこのヘビーユーザーですが、iPhoneではなくあえてiPod touchを使っている皆さんと、その動機は大体共通しているんじゃないかと思っています。

筆者がiPod touchに求めているのは、「iPhoneとほぼ同じことができる」こと、そして「コスパ」。この2点です。

1点目「iPhoneとほぼ同じことができる」のは、iPod touchにiPhoneと同じ「iOS」の最新版がインストールされていることに加え、概ねのスペックが前年のiPhoneと同じだから実現できます。

今回のiPod touch 6Gも、プロセッサーがiPhone 6と同等のA8/M8。64ビットのハイパワーを活かすために、RAM容量もきっとiPhone 6と同等なのではと予想します。カメラ画素数もiPhone 6と同等の800万です(f値はちょっと大きいようですが)。

画面サイズがiPhone 5シリーズと同等の4インチであること以外、基本スペックはiPhone 6と同等ですので、今回も「iPhoneとほぼ同じことができる」と思われます。(画面が小さいのは、処理性能的にはむしろ有利)

2点目の「コスパ」ですが、iPod touch 6Gの価格は、最も廉価な16GBで24800円、大容量の128GBでも48800円。この円安なのに、です(1ドル124円程度)。iPhoneと比較しても半額以下で買えるのです。

米国価格が199ドル~ですから、ほぼそのままの価格となっています。円高真っ只中だった2012年発売の5Gは、一番廉価なモデルが23800円だったと記憶しているのですが、今回と比較すると1000円しか違っていません(ただし、5Gは当時最低でも32GBでしたので、実質的には結構な差がありますが)。

しかしこのコスパを実現するために捨てたものもあります。iPhoneとの目立つ違いとしてTouchID(指紋認証)があります。でも、たぶんこのセンサーを乗っけると1万円ぐらい価格差が出てしまう※ので、そう考えればコスパ優先のユーザーにとってはむしろうれしい判断ですよね。

※iPhone 5sの指紋センサーは7ドルといわれていますが、この指紋センサーの有無以外にほとんど違いのないiPad mini 2とiPad mini 3が1万円の価格差であることからの予想。まあ、TouchIDを実現するためのコストはセンサーだけではありませんから…としておきましょう。

というわけで、我らの求めていた「いつものiPod touch」が帰ってきました。

筆者はもちろんすぐに買いに行きますよ。ポイントがほしいので、量販店に出たらですけど。

低俗化が止まらない とくダネ、ちょっとマシになった めざまし

筆者はかなり長い間、朝のテレビはフジテレビをつけていました。ここ10年以上は『めざましテレビ』と『とくダネ!』です。

といっても最近は、Eテレの子供向け番組を流すこともしばしば。子供ができたからというのもあるのですが、それ以上に、両番組が前にも増して低俗化していたことが理由でした。

『めざましテレビ』は、番組の内容以上に、キャスター陣の笑い声が不快になりました。な~んにも面白くないところで、全員が一斉にゲラゲラ笑い始めるんです。ひどいときは、「桑田佳祐さんは食道がんから復帰して…(ゲラゲラ)」とか。もう気持ち悪くてしょうがないです。

『とくダネ!』は、というか、『おはよう!ナイスディ』のころから、この時間のワイドショーは結構がんばって取材しているイメージがありました。前日の夜に起きた事件も、朝から何十分にも渡って報道できるぐらいに調べ上げていて、裏方の人たちが相当苦労しているんだろうなあと勝手に想像していたりしました。

ところがここ数年の『とくダネ!』は、何日も前にネットで流れたニュースを取り上げたり、しょーもない海外のネタニュースに小倉さんの寒いダジャレを噛ませたり、同じ殺人事件でも被害者の性別で放送枠の長さが全然違ったり、小倉さんが毒舌を封印したり(代わりに笠井アナが的外れな毒舌コメントを吐く)、とてもじゃないけど見てられないぐらい低俗な番組に成り下がりました。

そんなこんなでチャンネルをフジテレビに合わせる率も減ってきていましたが。

じゃんけん効果?めざまし好調」の見出しがYahoo!のトップに出ていて、筆者もある変化に気づきました。

そういや最近、『めざまし』の笑い声がなくなったな。

そう。芸人のギャグからデパートで売られている小物まで、何を見ても腹を抱えて笑っていためざましメンバーが、突然笑わなくなっている気がするのです。

鬱かなにかじゃないかと少し心配ですが、いち視聴者としては少し安心して見られるようになったのでうれしい限り。

今後フジテレビにチャンネルを合わせるかどうかはわかりませんけどね。

「憲法解釈変えたら次は徴兵制ですよ」民主・枝野幹事長

http://www.asahi.com/articles/ASH6P6X55H6PUTFK00M.html

選挙権が引き下がった途端に徴兵制!徴兵制!って、やり方が露骨だなあ。

ついに来た!ガラケー終焉の時!

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishikawatsutsumu/20150513-00045654/

ドコモがフィーチャーフォン(ガラケー)の料金プランで利用できる「ガラホ」を発表しました。

「ガラホ」は、テンキー操作などガラケーの形状、操作性を持ったAndroid端末です。ガラケーの使い勝手はそのままに、PC向けのサイトを閲覧したり、Android向けのアプリ(例えばLINEなど)を利用することができます。

ガラケーにできてガラホにできないことといえば、従来のiモードサイトを閲覧できなくなること。また、iアプリも利用できないかと思われます。でもこれらには前述の代替機能があるので、正直なくなってもそんなに困らないかと思われます。

それに、iモードの廃止は筆者のような者にも大きなメリットになります。

筆者に限らず、古いモバイル対応サイトの保守をしているエンジニアにとって、iモード(EzWeb/Yahoo!ケータイを含む。以下合わせてiモードと表記)の存在は今となっては足枷でしかないですから。

今は素晴らしい技術がたくさん出ていて、しかも簡単に利用できるように整備されてきているので、ウェブサイトの開発がすごく楽になりました。

しかもTV/PC/タブレット/スマホ/ゲーム機などアクセス元の端末に応じてページを最適化する「レスポンシブデザイン」も簡単に適用できるようになってきています。

でも、iモードはウェブ標準に準拠していないので、このようなモダンな機能は一切使えません。

なのにiモードユーザーがPV単位で1割ぐらい残っているのです(iモードユーザーの方が悪いといっているわけじゃないですよ)。

そのためiモード対応サイトは、モダンなサイトに作り変えようとしたときにiモードが足枷となり、思い切った変更をかけられないことが多々あります。

この世からiモードがなくなれば、残った邪魔者はIEだけです。

ソフトバンクがガラホを発売してくれれば、その後数年でこの呪縛から開放されます。待ってますよ、ソフトバンクさん。
プロフィール

パンチだらけ

Author:パンチだらけ
ホームページ:格ゲー.com
ゲームの話はほとんど書きません。1日1回更新を目指してました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。